asdf

1. 朝目が覚めても気分が良くない


たいていの人は自らの仕事に対して常にストレスを抱えています。そして、彼らの多くは仕事を家庭に持ち込むことになります。でも、仕事のストレスを毎晩ベッドまで持ち込み眠れぬ夜を過ごしているなら、それは今与えられている職務・職責について考え直す時期が来ていると言っていいでしょう。1週間の中で日曜日の午後がもっとも憂鬱に感じられる、というのが顕著な兆候です。月曜日が自分にとって辛いものになることを予期しているからです。ありとあらゆる仕事に関する事柄、あるいは同僚とのやり取りに嫌気が差してしまうのです。永遠に土曜日が続けばいいのにとさえ考えるようになります。意識的に脳に休養を与えてあげるようにしましょう。プレッシャーから自分を解放する術を見つけてください。もしそれでもどうしようもなくなった時は、転換期に差し掛かったサインなのかもしれません。


2. 仕事はお金のためと割り切っている


お金の力は偉大であり、お金がないことがストレスを生み出します。しかし、お金で全てが満たされるなどということは稀にしか起きません。たいていの人は仕事に価値を見つけ、仲間意識を高め、自己の成長に繋げることでやりがいを見出そうとします。あなたが行っている努力に真の満足感が得られなかった時、路線変更する必要があります。自分のライフスタイルを見つめなおすことで金銭的なプレッシャーを取り除くこともできます。それでも自分の喜びを見出せない場合は、自分がやりたいと思うその領域で利益を生み出すことができる方法を描いてみましょう。


3. 読むメール全てが皮肉っぽく、恩着せがましく見えてしまう


もしあなたが毎回メールを受け取る度に不安を感じるなら、そこには何か問題が生じているはずです。社内のコミュニケーションを冷静に受け止められなくなってしまったのでしょうか? 職場の人はみんな「ウソつき」ばかりで不愉快な人たちばかりだと思いますか? メールはそんな状況を把握する上で重要なバロメーターになります。何故ならメールは感情や語気を介さないからです。読み返してみるとメールの内容に自分のポジティブな、あるいはネガティブな感情が反映されていることもしばしばあります。実際には親切で誠実な相手が意地悪で執念深く思えてしまうなどということがあります。それは、自分を映し出す鏡なのです。ポジティブな気持ちでメールを読み返してみて、コミュニケーションを改善できるか確認しましょう。もしそれでも文面がひどいと感じるなら、好感の持てる人たちが働く環境を見つけてさっさと転職しましょう。


4. 気の利いたことがなかなか言えない


日々の仕事に追われる余り、同僚に対してついネガティブな口調や態度を出してしまっていることに気づかないことがあります。大半の人は失礼にあたらないようにそれを受け流そうとするのですが、特に辛らつな批評を浴びせる自分の上司に対してはそのようにせざるをえません。ミーティング中、電話中、休憩時間に自分がネガティブな言動をしていないかどうか見つめなおして見ましょう。メモ帳を手にとって、何かネガティブなやり取りをしてしまった時に印をつけてください。昼休みになるのを待たずしてそのメモ紙にいっぱい埋まってしまうようなら、あなたの置かれている状況を改善しなければいけません。あなたのネガティブな振る舞いに周囲がイライラすることは頭でわかっていても、自分の苛立ちを抑えることができなくなっているなら要注意です。少しでもポジティブになれたらいいのにと思いつつそれができない時は変革の時を迎えたということなのです。


5. トンネルの先に光が見えない


自分の将来像を想像した時、あなたには何が見えますか? 前向きに将来の自分を想像できるでしょうか。ボーナスや、退職が楽しみですか? もしかしたら、あなたの目の前にあるのは、単調な骨の折れる作業を続けなければならない一本の細長い道かもしれません。制度が変わらない限り何も変わらない、人間関係は機能障害を起こしていて、全ての人たちが何事もなかったように仕事を回している。今までと同じように仕事をしているようにしか感じられないようなら、あなたは行き止まりの道を進んでいます。自分自身の置かれている状況をうまく操作するか、早めに見切りをつけて成功の道へ突き進んでください。

通りすがり

実は研ぎ師なんですけど、砥石について書いておくね。
実は、欧米で主な砥石は「オイルストーン」つまり、油付けて研ぐんだわ

 で、日本の「砥石」ってのは水で研ぐ。
砥石は(水でもオイルでも)2種類になる。「人造砥石」と「天然砥石」
字のごとく人工的に作ったものか、天然物かの違い。ホームセンター等で見る石の9割が人造砥石。高くても1万円くらい。

 ここの「削ろう会」に関係してる砥石屋さんは京都の「砥取家(ととりや)」さんだろう。800年の老舗。
で、天然砥石ってのは「カンブリア紀の微生物の死骸がミッドウェー付近から地殻変動で京都だけに出てきた」から地球上で砥石は京都しか取れない。

値段なんですが、天然砥石だと安くて3万。プロが使う消耗品で30万。ヤバい頭の人が数百万。「本当に実在する一級品」で1500~3000万ってところ。
関・堺 や京都など「刃物が多い街」ならまず本物の研ぎ師さんが存在するから値段聞いてみるといいよ。
30万円~100万円くらいの「比較的安物」なら触らせてくれるかもよ~

最後に1級ブランド名書いておくよ
「鳴瀧(なるたき)」「内曇(うちぐもり)」「マルカ」「カラス」「蓮華(れんげ)」
この辺りが30万オーバーのが多い。普通の人が想像しているより「以外な触り心地」がするぞ☆

なお、高ければ良いって世界じゃないのが砥石の凄いところで、「1番研げる石は自分と相性がいい石」だから人によっては100万円の石でもマトモに研げないなんてのも多い。

「値段でもなく、技術でもなく、『相性』が1番重要」って面白い話

後輩の1人で、ずばぬけて記憶力が優れたメンバーがいるが、彼はまったくメモを取らないらしい。


例えば、樹海のようなファイルサーバー上で、重要ファイルの在処を聞いてもメモを取らない。

何度も、そのパスを探す作業をする中で、頭の中に地図が出来上がっていくということだ。

一度地図が出来上がると、何かにつけ探し出すのが速くなる。


この話を聞いて、

カーナビを使って行った場所は、カーナビなしでは二度と行けない。」

という言葉が思い浮かんだ。


ファイルのパスをおきにいりに入れて仕事をしていると、

ある日おきにいりが消えてしまったときに、どこにあるのか全くわからなくなってしまうことがある。

メモやおきにいりは、頭を使わなくなるのだ。


「余計なことに頭の記憶容量を使うと、ほかの事が覚えられない」などと根拠のない言い方をする人もいるが、

まったくの逆だろう。


人間の記憶は、シナプスの結合の強さによって維持されるという仕組みだから

頭の中は、ハードディスクのように制限容量が決まった器ではなく、使えば使うほど容量が広がる器なのだ。

頭のいい人ほど、高度さをもとめて複雑なものを作ってしまいます。  
行動力のある人ほど、成長を追い求め物事を肥大化させてしまいます。  
優しい人ほど、あちらこちらの話を聞いて収集がつかなくなります。  
こだわりのある人ほど、細かい部分のブラッシュアップに気を取られます。  しかし、そうなればなるほど夢の現実性というものは、下がっていくことになるのです。  
優れた制約を設けましょう。  
「何を捨てて、何を手に入れるのか?」そんな厳しい取捨選択をせまるような優れた制約です。
最も現実的に 夢を「スモールスタート」する9つのコツ : earth in us. (via a2onaka) (via usaginobike) (via kyohei1989) (via 3000km) (via arma) (via suzukichiyo) (via chihanos) (via s-hsmt) (via hsmt) (via mxcxrxjapan) (via rev-tune)
2010-09-13 (via gkojax-text) (via ak47) (via 27s) (via riko) (via yagi) (via tra249) (via exposition) (via firebum) (via non117) (via happywing) (via tataraseitetsu) (via moon0101) (via skamio) (via kiri2) (via kotoripiyopiyo) (via motomocomo) (via patagonicus) (via shinoddddd) (via bgnori) (via atm09td) (via tatsutabank) (via aoba) (via mktxlikelog) (via jark-memo) (via poochin) (via itokonnyaku) (via giraffe-patterns) (via kskb) (via pcphr) (via akn8556) (via mugijiru) (via livedooor) (via xlheads) (via usaginobike) (via mekarauroko) (via shibats) (via theemitter) (via gonfreak) (via rm233)

 グーグルでは社内ミーティングを開催する際に、本当に必要なのかが問われます。単なる情報共有ならばメールでできます。ミーティングは議論するためのものですから、通常のミーティングでは8人程度の出席者が最大です。

 またミーティング時間は25分が基本です。定刻で終わらせるため、全員が全力投球するのが掟(おきて)です。24時間前までに議題が送られ、事前に資料などは目を通していることを理想とします。資料はすべてオンラインで用意されますので、ミーティングで配布物があることはまれです。

 議題と資料は事前にメンバーに提示されているので議論はすぐにトップスピードで交わされ始めます。そして終了時間5分前ごろに、実行しなければならない事項を整理してクロージング(まとめ)に入ります。まとめた結果はミーティング終了後速やかにメールなどで出席者同士で共有します。スピードがグーグルの命ですが、ミーティング一つとっても素早いテンポで進めることに強いこだわりがあります。

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO67482710X20C14A2000000/ (via jsato)

普通の米国企業でもミーティングの設定はせいぜい1時間だし、時間の終わりにはクロージングをするし簡単には延長しないのが基本。

(via yoosee)
do-nothing:

Week 28
gkojax:

【正解にしてあげたい】センスを感じるテストの珍回答48コ総選挙 | CuRAZY
xysciences:

Magnetic putty eating a piece of metal. 
[Click for more interesting science facts and gifs]

xysciences:

Magnetic putty eating a piece of metal. 

[Click for more interesting science facts and gifs]

日本の制作会社だと、『おい○○、この資料まとめとけやー』みたいことを言われる人がいますけど、そういう人がいないです。そういう役割がなくても回るように、マネジメントがしっかりしているということだと思います。逆に言うと、とにかくお茶くみでも何でもいいから潜り込んで技術を盗んで成り上がる、みたいなルートはないので、きちんと美大で勉強しろということですね。